profile

緒方 俊平 おがた しゅんぺい

弁護士・画家・詩人・宗教研究家

  • 緒方俊平法律事務所所長 弁護士 緒方俊平
  • 昭和47年より広島弁護士会登録弁護士開業。
  • 現在、広島市内で緒方俊平法律事務所を開業。
  • 主として民事・商法のケースを中心とした弁護士。
  • その一方で、社会的出来事にも関心を示し、これまで広島スモン薬害訴訟の弁護団事務局長として15年間活動し、その経験をもとに小学生向けの童話も出版。
  • RCCテレビで地元番組に3年間出演。
  • 親しまれる弁護士を目指し、RCCラジオで法律相談番組のレギュラーとして5年以上出演。
  • 広島県民の法律アドバイザー役を果たす。
  • このような弁護士経験の中から、心のケアーに関心を抱き、約7年間天台宗で学び、羽黒山よりの院号を受ける。
  • 現在は心理学に深い関心を示し、勉強中。
  • 平成10年4月に、広島三越デパートに於いて第1回の墨絵の個展を開催。同11年5月には日本人として初めてイタリア・ミラノ市のサンタンブロージョ教会美術館に於いて招待個展を開催し、「墨絵の詩人」という冠でも活躍中。

緒方・藤川法律事務所 »

作品集

Works 緒方俊平作品集

生と死と永遠

  • 一、最初に私は字を描き始めた。日本ではこれを「書道」という。
  • 二、傾向   私の作品には自分で分析している幾つかの傾向がある。
  • 三、固定観念 私はいかなる固定観念をも排斥して自由自在に観察する心を尊ぶ。
  • 四、和音   私の中の神は、無限の空間の中心に位置する調和のとれた和音といったイメージである。
  • 五、時間   私の作品には時間のスパンがある。
  • 六、断片   人間が相互にトータルに理解することは極めて困難である。
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題
  • 無題
    無題

作品一覧 »

ギャラリーみくら

gallery MIKURA ギャラリー みくら

緒方俊平メッセージ

法に従ってさえいれば良いのか?自分で考える領域はあるのか?現実から逃避する事なく仕事に向き合ってゆくためにはどのような取り組みがこれからは必要なのか?そんな思考を繰り返す中で生まれたプライベート・ストーリー・ブックちょっとした空き時間に手に取って観て、読んで、思ってくれたら幸いです。

夾竹桃物語
わすれていてごめんね

平和と環境への新たなる歩みとして墨絵の詩人緒方俊平が平和と環境への新たなる歩みとして絵本を作製!!

  • 著・作画 緒方俊平
  • A4変形 オールカラー / 48p
  • 定価 800円

絵本
夢の旅ものがたり

「夢の旅ものがたり」。著者自身が小学生のころ毎晩眠りに入る前に夢に見た世界を描いた絵本。

  • 著・作画 緒方俊平
  • B5変形
  • 定価 952円

随筆詩集
ラ・スパイル

独特な挿絵と30年を越える弁護士活動で得た、生と死と永遠をテーマにした詩文随筆。

  • 著・作画 緒方俊平
  • A6版上製本ハードカバー
  • 定価 1,200円

絵画作品集
緒方俊平作品集

イタリア、サンタンブロージョ教会の個展出品作品を中心に構成された第2作目となる作品集。

  • 著・作画 緒方俊平
  • A4ワイド版
  • 定価 1,500円

緒方俊平の著書は、フタバ図書でもお求めになれます。

証 PeaceWalk

peace walk あかし

墨絵の詩人 そして 環境と平和の父として

A Sumi-e poet and father of peace & environmental protection

人が死んだ建物も壊れた、樹や草も焼けてしまった。
鳥や犬・猫や魚もチョウやトンボもみんな死んでいった。
いちばん大切な思い出も死んでいった。

太田川で泳いでいた「はや」になって語って下さい。
牛田の山の「セミ」の代わりに詩を歌って下さい。

生きとし生けるもの全てに死がやって来た
1945年8月6日の“あの日”
樹も花も、犬や猫も、魚や鳥も、
全てに命があったことを記すーー慰霊碑を建てるために
動植物の慰霊碑を平和公園に。

自然をそして人を愛す全ての人々と
地球に住む生き物達との旅が始まります。

People died. Buildings demolished. Trees and grass burned. Birds, dogs, cats, fish, butterflies, and dragonflies all died.
Precious memories also died.

Please speak on behalf of the common minnows that swam in the Ota River.
Please recite poetry as the cicadas that lived in the mountains of Ushida.

Death came to all that day, August 6, 1945. Lets build a monument in the Peace Park to remember that trees and flowers, dogs, cats, fish, and birds all had lives.

A journey begins for all lovers of nature and all creatures living on the earth.

アニマルピースメッセージを送信する

メールアドレス 

※入力されたアドレス宛メールを送信します。
 メッセージの投稿手順がありますので受信されたメールをご確認ください。

証 Peacewalk へ